流れに身を任せて流れたら。。。。。。

日々、気になったことを思うがままに気ままに書き綴っています

積み立てNISA用の口座を開設をする場合、『税務署の審査』があるらしい。。。

 

『積み立てNISAはネット銀行でも出来る』ということで、

(口座開設するにはどうしたらいいのかな)と

調べていたら、

 

『積み立てNISAの口座を開設する場合、

 税務署の審査があります』とありまして、、、

 

えぇ!?審査!?

それも、税務署の!?とドキドキしてしまいました。

 

毎年税務署に行っているわけではないのですが、

年度末に、税務署に行って申告すると、

払い過ぎた分が戻るとかなんとかで、

何度か行ったことがあるのですが、

あの堅苦しい雰囲気、分かりにくい書類。。。

 

『税務署』と聞いただけで、気分がへこみます。。。

 

(税務署に行くとか?

 何しに?????)と思ったら、

税務署に行く必要なし!

 

口座開設を依頼した銀行が、

税務署に、『この人大丈夫?』とお伺いを立てるだけで、

やり取りは、銀行と税務署のみ。

申込者は、審査結果を待っていればいいだけなそうです。

 

良かった、良かった(^^♪

一安心。

 

というか、早とちりし過ぎですよね(^-^;

 

だって、役所系全般苦手なんだもん。

あの面倒な書類とか、

役所内のしーーーーーんとした雰囲気とか、

全般的に色々苦手なんだもん。。。

 

 

 

 

 

 

ところで、税務署で審査っていったい何するの?と

思ったのですが、

 

NISA口座が、二重に開設されることを防ぐため

これが、審査をする理由なんだそうです。

 

NISA口座は、1人1口座しか開設出来ない

これが、2018年2月現在のルールなそうです。

 

これは、

『複数の金融機関にNISA口座を開設して、

 非課税枠をたくさんもらおうとする人を排除するため』

らしいのです。

 

積み立てNISAは非課税らしいので、

そうですよね、そういうことを考えて、

複数口座を持ってって、

やりたくはなりますよね(;^ω^)

 

でも、そうはさせじと

きちんと阻止するルールがあるわけです。

 

 

『もし、間違えて、複数の銀行に申し込んでしまった場合は

 どうなるんだ?』と思ったら、

 

(その場合は、金融機関から税務署への申請の提出が

 早い順)なんだそうです。

 

でも、これ、複数の金融機関から同時期に税務署に審査があったら、

『この人怪しい』と思われる可能性が少しある気がするので、

申し込む場合は、一つの金融機関にしておいた方が

無難な気がします。

 

。。。

(無難)も何も、

(1つしか開設できないのに、

 なぜ、複数の金融機関から申し込み必要があるんだ?)って

感じもしますが。。。(;'∀')

 

同じことを税務署の人も思ったら、

やっぱり、『この人怪しい』認定されそうで怖い(´・ω・`)

 

 

楽天証券

ジャパンネット銀行

住信SBIネット銀行

 

他にも、口座開設可能な金融機関があるようですが、

どこにしよう。。。

迷います。

 

今すぐ始めるわけではないので、

ゆっくり見て決めようと思います(*^-^*)