流れに身を任せて流れたら。。。。。。

日々、気になったことを思うがままに気ままに書き綴っています

第37回:聞くスペイン語『本題に入る』

 

¡ Buenos  dias !  

(おはようございます!)

 

 

今日は、

『聞くスペイン語』で

スペイン語のお勉強をします(*^-^*)

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 A:¿ Que  haces  el  domingo ?

  (日曜日はどうする?)

 

B: Estoy  libre,

  (暇です)

        ¿ por  que ?

  (なんで?)

 

 

A: ¿ No  has  quedado  con  nadie ?

  (誰とも約束してない?)

 

B: No.

 (してない)

 

A: ¿ Tampoco  tienes  trabajo ?

 (仕事もない?)

 

B: No.  ¡ Ve  al  grano !

 (ない、本題に入って)

 

 

 A: ¿  Me  ayudas  con  la  mudanza ?

  (引っ越しの手伝いをしてくれない?)

 

 

B:Vale.

 (分かった)

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------

 

英語学習の時もそうなんですが、

『Yes』、『No』と言う時、

日本語の感覚で返事をしようとすると、

間違った使い方になり、

苦手な部分がありました。

 

 

今日のスペイン語

同じように、理解が出来ません(・_・;)

 

 

以下の会話なんですが。。。

 

A: ¿ No  has  quedado  con  nadie ?

  (誰とも約束してない?)

 

B: No.

 (してない)

 

 

日本語だと、

『誰とも約束してない?』と聞かれると、

『うん、してないよ』と言うので、

『うん』だと、

『Si』と言いたくなるところですが、

『No』になるんですね???

 

『約束はない』と考えれば、

『ない』のだから、

No』になるんだろうけど、

会話の場合、

Si』と言ってしまいそうです。

 

 

そして、以下の会話も同様で、

 

A: ¿ Tampoco  tienes  trabajo ?

 (仕事もない?)

 

B: No. 

 (ないよ)

 

『仕事もない?』と聞かれると、

『うん、ないよ』となるわけで、

Si』と言いたくなるけれど、

『仕事はない』わけだから、

No』と答える。。。

 

 

『うん、ないよ』という

相手の言葉をいったん受け入れて肯定したうえで、

『(約束などは)ない』と言う

日本語の考え方ではなく、

端的に『ある』、『ない』で

考えればいいのかな。。。